ページ

2012/05/28

コジュケイ

南部領辻にて 2012/5/27
やっとコジュケイを撮ることができました。超不鮮明ですが。ごめんなさい。キジより少し小柄なキジ科の鳥です。声はびっくりするくらい似つかない大きな声です。この声を頼りに探すのですが、警戒心がすごくある鳥で人間の気配を感じるとすぐに茂みに隠れたり、もしくは飛んで行ってしまします。

(下記はウィキペディアより抜粋)
用心深い性格で、林の下生えや藪の中に潜み、あまり姿を見せないが、早朝~午前中にかけて、えさを探しに開けたところに複数の個体で出てくるのを目撃することが多い。
山地や平地の樹林はもちろんのこと、都会などの隔離された小さな林にもしばしば生息する。
繁殖期は5~6月で、このときのオスの鳴き声が特徴的である。ヒヨドリにも似た大きな叫び声を「ピーッ!ピーッ!ピピーッ!」と挙げたあと、速いテンポの「ピッピュクァイ!ピッピュクァイ!」という鳴き声に移行し、その後テンポが遅くなって鳴きやむ。「ピッピュクァイ!ピッピュクァイ!」の部分が「ちょっと来い!ちょっと来い!」、あるいは「ゴジュケイ!ゴジュケイ!」とききなされているので、「姿を知らなくても鳴き声は知っている」という人が多い。
ファイル:Bambusicola thoracicus1.jpg

南部領辻の朝の風景

南部領辻にて 2012/5/27
こちらもお気に入りの休憩場所です。田んぼ、畑、日よけ木、林、小川 田園の要素がすべて揃っています。ツミが飛んでいました。

シオカラトンボ

 南部領辻にて 2012/5/27

南部領辻の東縁風景

 南部領辻東縁 2012/5/27
朝の東縁の風景。ジョギングが気持ちよさそうです。

我が家の軒先にツバメが巣を作りました

1週間かかりました。夫婦で一所懸命に代わる代わる畑から泥を運びます。唾液と混ぜて壁にくっつけていきます。
家の玄関 2012/5/27
ふんやヒナが落ちないようにケヤキの倒木の破片を使って支えを作ってみました。クランプをホームセンターで2個買ってきました。製作費は240円で済みました。
最初はツバメは警戒しましたが、すぐに慣れて、また2羽で巣を整え始めました。
来月にはヒナが生まれるかな。


見沼の空

馬場 自宅2階より 2012/5/25 5:54
馬場 自宅2階より 2012/5/27 6:11
朝は太陽が低いので、雲との調和が美しく、まさに三文の得の一つかな。
馬場 自宅2階より 2012/5/27 18:12
夕方の真っ青もいいもんです。