ページ

2012/09/16

カワセミ

2012/9/16 10:00 片柳にて
芝川にカワセミの幼鳥がいました。本当に鮮やかな羽をしています。距離は10メートルくらいです。ホバリングしては水に飛び込み、なかなか魚が獲れません。浅く子魚がいるこの場所は、周辺に自転車やごみが不法投棄され、カワセミがいる清流とは程遠い状態です。カワセミが芝川からいなくなるのもそう遠くない気がします。自分のできることから少しずつやっていきたいです。




 
 

ヤマガラ

2012/9/16 片柳にて
昨日教えていただいた通り、(昨日とは違うエサとなる木)エゴノキを自分で探してみました。ありました。やはりヤマガラが来ていました。写真は、エゴノミをとってから別の場所でつっついて実を割っていた時のものです。距離は6~7メートルでしょうか。撮影者は私一人だけなので、鳥たちも安心した?様子です。面白い生態に惹かれてしまいました。しかし、見ていて飽きません。
 

稲刈り後の東京ダルマガエル

2012/9/16 宮後にて
ゲロゲロ。トノサマガエルにそっくりです。稲刈り後の田んぼの中にいました。今までたらふく食べたのでしょう。結構大きな体をしていました。10センチくらいあります。

稲刈り直後のキジ

2012/9/16 宮後にて
6羽全てメスです。オスはどこに行ったのでしょう。キジは一夫多妻制で生活する鳥なので、必ずオスがいるはずですが、今朝は見当たりません。稲刈り後のお米をついばんでいました。距離は30メートルぐらいでしょうか。私を少し警戒しているようです。

くも

2012/9/15 12:55 自宅より
今日は変わりやすい天気でした。気温は32度。このあと雨が降りました。3連休はさいたま市から出ていろいろな方のところに行きます。
明日も出かける前の朝の撮影が楽しみです。

ヤマガラ

2012/9/15 総寺院前にて
シジュウカラの仲間です。確かに模様が似ています。(野鳥ラベルに前に撮影したものがあります。)
俊敏でこちらはこちらで撮影が難しい鳥です。ご年配のバードウォッチャーの方々が本格的な機材を携えて撮影に来ていました。いろいろと教えていただきました。エゴノキの中の虫を食べに来ているそうです。実(み)は有毒です。不思議とほかの樹木には目もくれず、この木にだけたびたびやってきます。たびたびとは、短いと1分間隔ですが、長いと30分も来ません。私も一緒に観察させていただきました。
中の実をくわえています
さらに器用に足で押さえて
中の虫を食べています。
中の実だけくわえて、森の中に飛んで行ってはまた戻ってきます





いろいろ教えていただきました。本当に鳥が好きなようで、対象の鳥の性質を知り尽くされていました。勉強になります。

宮後の案山子

2012/9/15 宮後にて
スズメもびっくりな案山子(かかし)です。よく見ると両腕が稲でできていました。

ケイトウ

2012/9/15 宮後にて
久留米ケイトウが朝日に映え、見沼田んぼに純色の彩りを与えてくれています
秋といえば栗もたわわです