ページ

2012/10/31

総持院前の風景

2012.10.30 am5:40 総持院前にて
朝日が昇る前の総持院前の休耕田です。ここだけ静かな時間が流れています。メタセコイアの木もだんだんと紅葉しはじめています。
 

宮後橋からの朝日

2012.10.30 am6:00 宮後橋にて
最近は気温がぐっと下がり、布団からなかなかでられなくなりました。風景は寒ければ寒いほど、チリもなくピンと張りつめた美しい風景が広がります。しばらくは我慢しよう。

2012/10/28

「私の好きな見沼田んぼ2012」写真コンクール

「私の好きな見沼田んぼ」写真コンクールに投稿しました。このコンクールは、さいたま市で毎年開催されています。コンクールの存在を夏ごろに知り、さっそく投稿しようと思い立ち、春に撮影した「キジ」をテーマにしました。ここ見沼田んぼにきて一番衝撃を受けた鳥です。入賞はできませんでしたが、自然と写真を知るいい勉強になりました。私が今年投稿した作品を紹介します。本ブログにも掲載されている写真です。また今年のコンクールで金賞になった作品も併せてご紹介します。
左頁の左上の写真です。ブログ内の写真はこちら→キジのつがい
参加賞の作品集

 こちらが今年のグランプリ作品。見習うべき構図と色調の素晴らしい写真です。来年こそ入賞します!

自主防災フェスティバル



2012.10.21馬場自治会館前にて
 
地元自治会である馬場自治会自主防災フェスティバルに参加しました。埼玉消防署の皆様のご協力をいただき、火のついた天ぷら油の消し方から、消火器の正しい使い方、煙室の脱出方法など、すべて参加している人が実演していざというときの訓練をしました。さいたま市緑区長も駆けつけてくださりました。私達自治会役員がいざというときに地域の方を守るために、また、地域の方が参加しやすくなるようにお餅つきやトン汁の炊き出し、焼きそばもふるまいました。綿菓子、ジュース、ヨーヨー釣り、また演出で和太鼓もあり、子供たちも大喜び。当日は大勢の方が参加していただき、終日大賑わいでした。
 

2012/10/25

コジュケイ

2012/9/29 片柳にて
やっと撮影に成功しました。警戒心の強いコジュケイは撮影が至難の業の鳥です。表に出てくることは滅多にありません(>_<)大きさはウズラより大きくニワトリやキジより小さいくらいです。
とにかく大きな声で鳴きます。
5羽が1本の木に寄り添っていました。飛ぶことが得意でないコジュケイは猫などの動物から襲われないように休んでいるときはほとんど木の上にいます。
 

2012/10/23

さいたま市緑区区民祭りに参加しました

見沼市民フォーラムとして参加させていただきました。さいたま市緑区のお力をいただき、区民の皆さんに毎年恒例の”芋煮”を市民に無料提供しました。約1000食の芋煮はあっという間に無くなりましたた。見沼田んぼ写真展を同時開催し、毎年夏に通船堀公園で開催する「音楽とほたるの夕べ」で見ていただくホタルの幼虫も展示し、区民の皆さんの大きな関心を集めました。

ほたるの幼虫を新井会長が自ら説明。
 10分待ちの行列が続きました
芋煮の材料は里芋、こんにゃく、豚肉、ニンジン、大根、ゴボウ、ネギです。
豚肉はフライパンで炒めてから鍋に投入。味噌とだしで味付け、ごま油で香り付け。
緑区のゆるきゃら「ヌウ」とレッズのマスコッ「トレディア」をレストランの横で発見。大人げなく握手してもらいました。
新潟県関川町からは大蛇も登場。お尻から入って口から子供達が出てきます
ミニSL周遊もお祭りならではです。私も乗りました。
バルーンも子供たちに大人気。大人は入れません!
 
 
 
 

夕焼けに沈むさいたま新都心

2012.10.21新宿橋より

夕焼けに染まる富士山

2012.10.21西山より

アオサギとチュウサギ

2012.10.8芝川にて(見沼大橋付近)
じっと魚が近づくのを待っています。首をしぼませているのは目立たないようにしています。それでも目立ちますが...。

2012/10/22

チカラシバ

2012.10.8 宮後にて
なこじゃらしの大きくしたような草です。稲刈り後の田んぼの周りに囲いをつくるかのように生えています。稲がない今は田んぼの主役です。

カケス

2012.10.8 鷲神社の森にて
綺麗なブルーの羽をもつ30センチ程の大型鳥です。ギーギーと甲高い声で鳴きます。涼しい声で鳴いてほしいのですが・・・。関東で見られるオナガ同様にカラス科です。

朝露のひこばえで戯れるキジの幼鳥(オス)

2012.10.8 宮後にて
ひこばえとは稲刈り後の生長した稲のことです。再度稲ができますが、寒くなるこの時期には結実しても食べれるようなものにまではなりません。キジはこの時期、絶好の隠れ家になり、エサも豊富なひこばえの中で朝は過ごしていることが多いです。

2012/10/19

秋の鳥の大好物

2012.10.14 片柳にて
秋は赤い実をつけた樹木がたくさんあります。ヒヨドリが大好物のようでしきりに食べています。見沼田んぼの秋を彩る鮮やかな樹木です。名前がわかりません。ピラカンサ?カマツカ?ナナカマド?どなたか知っている方がいましたら教えてください。

ジュウガツザクラ

2012.10.14 宮後にて
我が目を疑いましたが、間違いなく桜です。調べてみると、紅葉の時期に咲く「ジュウガツザクラ」という種であることがわかりました。紅葉の時期だけでなく4月にも咲くき、年2回桜を楽しめるそうです。

稲刈りも終わり、秋風景が広がっています

2012.10.14 宮後にて
米収穫後の稲を乾燥させて藁を作っています。一面に広がるのどかな光景は、時間の経つことを忘れさせてくれます。

もず(百舌鳥)

2012.10.14 加田屋にて
ぎこちない雀の鳴き声の主はモズでした。

さいたま市環境フォーラムに行ってきました

2012.10.14 浦和ホールにて
さいたま市環境フォーラムで「さかなクン」が講演を行うということでさっそく応募し、定員の3倍を超える応募があった中から選ばれ、家族で行ってまいりました。さかなクンの講演前に小学生から高校生までの環境標語やポスターの表彰があり、さいたま市のユルキャラである「つなが竜ヌウ」も駆けつけてくれました。何だか変なアングルです。さかなクンは撮影禁止で残念ながら撮ることはできませんでした。講演会では、ホワイトボードの模造紙に即興でお魚の絵をかきながらチビッ子達にクイズを出し、会場は大盛り上がり。改めてさかなクンの知識に一同びっくり。即興で書いた模造紙は、クイズの正解者にプレゼントする大盤振る舞いでした。
 

2012/10/18

冬じたく

2012.10.8 片柳にて

ピンクケイトウ オレンジケイトウ アカケイトウ

2012.10.6 片柳にて
珍しい3色のケイトウ畑がありました。

見沼田んぼの幻想的な日の出

2012.10.8am5:59自宅前より

2012/10/17

秋の芽生え


2012.10.8 片柳にて

 

2012/10/16

コスモス

2012.10.14片柳にて
秋の見沼田んぼは至る所でコスモスが咲いています。秋桜ともいいます。色も白からワインレッドまでカラフルです。絵になります。
 
 
 

2012/10/10

ニホンイシガメ

2012.10.6 宮後にて
草ガメではありません。イシガメです。つぶらなひとみと甲羅の後ろの切れ込みでそれとわかります。開発による生息地の破壊、水質悪化、ペット用の乱獲などにより生息数は減少しています。環境省のレッドリストの絶滅危惧種には指定されていませんが、絶滅危惧(VU)の1つ手前の状態(NT)。

2012/10/09

アキアカネ

2012/10/6 宮後にて
木の枝につかまって小さい虫を食べています。見沼田んぼは今至る所でトンボが飛んでいます。


彼岸花

2012/10/6片柳にて
もう彼岸花も終わりです。約3週間くらいでしょうか。薄いピンク色になり始めました。ここ片柳はほとんどの道に彼岸花が咲いています。秋の散歩道を存分に楽しませてくれました。
総寺院前にて