ページ

2012/09/18

ヒガンバナ

2012/9/17 緑のトラスト保全1号地前にて
朝露にぬれる彼岸花である。どうしてこのような形をしているのかとまじまじと見てしまう。文字通り、彼岸のころに咲く花である。その可憐な姿とは裏腹に全草有毒である。特に球根(鱗茎)に毒が多い。モグラは彼岸花のある場所にはエサとなるミミズがいないため、近寄らない。誤食した場合は下痢や吐き気、ひどい場合は中枢神経麻痺に陥り死に至ることもある。その毒成分(ガランタミン)はアルツハイマー病の治療薬になっている。(ウィキペディアより引用)