ページ

2016/04/30

田植え前のひと時

2016.4.29 加田屋にて
加田屋の田んぼです。
田植え前の田んぼの均しを行っています。
ツバメが水辺にやってきて泥を口に含んでは巣作り場にせわしなく飛んでいきます。
我が家の軒先にも巣を作り始めています
田んぼの水面を見ても、今日がいかに風が強いかがわかります。正に暴風です。
さいたま市の予報では、風速10メートルです。

【番外編】ヒグマカフェ(母の日のクッキー)

2016.4.29
母の日に両母に贈るべく、クッキーを作りました。
健康に配慮し、バターを使わず、菜種油で初めて作ってみました。
生地ができてから冷蔵庫で冷やす必要がなく、時間的にも◎。
手前はカシューナッツのクッキー。後ろはバニラクッキーです。

春のメタセコイア並木

2016.4.29 緑区メタセコイア並木
ゴールデンウィーク前後は本当に1年で一番過ごしやすいです。
会社でも5月からクール・ビズで、10月までノーネクタイ・半袖可になります。
リラックス?して仕事することができます(^<^)
見沼田んぼの真ん中を通るこの道は、ここがさいたま市であることを一瞬忘れさせてくれます。

ジシバリと東縁の桜

2016.4.29 東縁 五斗蒔橋前
ジシバリが毎年この時期に一面に咲き、黄色と緑と青の美しいコントラストを眺めることができます。
茎が地面を張り、まるで地面を縛っているかのようにみえることからこの名前がついたとか。
連休初日は天気にも恵まれましたが、あいにくの台風並みの強風。
強風ならではの美しい雲を背景にすることができました。

2016/04/24

八重桜

2016.4.16 馬場西縁沿い
八重桜です。
ソメイヨシノも終わり、入れ替わりで1週間遅れで八重桜が満開になります。
不思議なもので、毎年、この順序は変わりません。ソメイヨシノより早く八重桜が満開になりことはありません。
綿雪のようにもこもこにシャクヤクのような咲き方をします。
八重桜の葉は塩漬けにして桜餅の葉っぱとして使うことができます。

カマキリの赤ちゃん

2016.4.16 
我が家のカマキリの卵から沢山の赤ちゃんが生まれました(オオカマキリ)
ボケの花に集まってくるビタキ類とベニマシコを撮影に行ったときに、カマキリの卵が至る所に産みつけられていました。
家に持ち帰り、ビニールハウスの中の昆虫ケースに入れていたところ、暖かいのか、孵化しました敗れたハウスのところから脱出した赤ちゃんが木々にしがみついています。
一丁前にもうカマがあり、ショウジョウバエを捕まえている子もいました。
大きさにして1センチくらいです。
誰も教えてくれないのにどうしてカマの使い方を知っているのだろうと不思議に思う。
昆虫の本能なのだろう。
 
 

2016/04/10

春爛漫 サクラ咲く

 2016.4.8 見沼氷川公園にて
 2016.4.5 見沼氷川公園にて
 2016.4.8 見沼氷川公園にて
 2016.4.9 西縁見沼新大橋付近にて
  2016.4.9 西縁見沼新大橋付近にて
  2016.4.8 見沼氷川公園にて
2016.4.9 東縁見沼新大橋付近にて

ムスカリとハナニラとサクラの競演・共演・饗宴

 2016.4.3 加田屋東縁沿いにて
毎年共演を楽しめる場所が、ここ、加田屋の土手です
秋には彼岸花がびっしりになるところです
2日連続で曇天で残念ですが、1年で今しか撮れないアングルを今年も家族3人で撮りに行きました
 
総持院前東縁にて

曇天ですが、お花見!

 2016.4.2 見沼氷川公園にて
(サクラサク見沼田んぼプロジェクト記念植樹プレート・・・有名なさいたま市在住の陸上選手)

今日は逗子から両親が見沼田んぼの桜を見に来てくれます。
嬉しいことです。小学3年生になる長女もすごく楽しみにしています。


しかし、毎年のことながら、サクラが満開になる時期は天気に泣かされる。一昨年も両親が来てくれたが、車に乗って見沼田んぼを案内した。今年はどうだろう。案の定、雨には降られなかったが、曇天残念。1年間待ってようやくお披露目にも関わらず、青空の下での歓迎できないことを悔やみます。(>_<)


さて、今日は見沼市民フォーラムの「春の撮影会」もここの見沼氷川公園で午前中に開催する。
満開の見沼の桜に酔いしれ、撮影会も大盛況と思っていたが、曇天で寒く、もくろみ通りとはいかず、これまた残念。ただ、雨降りとまではいかなかったのでそれなりに撮影もできた。



 両親には東浦和から自慢の健脚でここまで3~4キロ歩いてきてもらおうと企画した。見沼田んぼサクラサクプロジェクトに作成して頂いた「日本一を目指そう花の回廊地図」を逗子に送った。


母が昨年古希、父が今年喜寿を迎えましたが、自分で言うのもなんですが、若々しくてこちらが負けそうなくらい元気。
自転車で駅まで迎えに行き、一緒に ここの公園まで歩いてきました。
お弁当まで作ってきてくれ、シートを広げてお花見。大満足の1日に。

見沼市民フォーラムのN氏(枝垂れ桜を水彩画で描く)