ページ

2012/08/26

見沼田んぼでブルーベリー摘み(尾島農園さん)

2012/8/26 西山新田にて
家から自転車で10分くらいのところ、見沼田んぼにブルーベリー畑がある。見沼田んぼの懐石屋さん「ととまる」でランチを食べ、帰り道に「ブルーベリー摘み」のノボリを頼りに行ってみると、大きな農園が見えてきた。ご主人と奥様と娘さん(小学生)の3人で営業されていました。摘まなくてもいいから見学だけでもいいよという声にも後押しされ、中に入ってみました。その家庭的な雰囲気が気に入り、さっそくやってみることに。優しく丁寧においしい実の見分け方なども教えてくれました。
麦わら帽子を貸してくれ、もう気分は農家の人。スーパーで見かけるアメリカ産1パック400円と違い、見沼田んぼ産1パック100グラム150円という安心価格。しかも、食べながら摘めるという自由さ。ブルーベリー摘みが終わると9月はイチジク販売。10月にはイモ掘りもやっているとのこと。
帰りの道は目がよく見えて、見沼田んぼのある風景も一層きれいに見えました。
こちらが甘い品種。見た目はブルーベリーっぽくないが味はすごく甘い。張りがなくしわしわに熟して落ちそうなものが一番甘いことも教えていただいた。
こちらは甘酸っぱい品種。見た目は完璧にブルーベリー。味は少し酸っぱい感じがしました。個人的には前者の方が好み。
ブルーベリーの味がわからないと思われたうちの娘(4歳)も舌を紫にして「おいしくて甘い」とたくさん食べていました。
見沼田んぼの農業←に「尾島農園」さんの住所等の記載があります
尾島農園さんだけでなく、見沼田んぼの各種果実・野菜狩りの時期と場所が出ています。
ジャムを作ってみました。バニラアイス、ヨーグルト、パンにつけて食べます。絶品。
 
 
 
 

見沼田んぼにあるオクラ畑

2012/8/26 馬場片柳にて
この時期オクラがおいしい。炒め物が一番好きです。もちろん鰹節や納豆とのねばねばコンビを醤油で食べるのもいい。オクラは小さい果実の割に大きな植物です。背丈は人間と同じくらいまで伸びます。オクラは花の軸が変化して果実になり、それを食べます。




オクラの花。黄色い綺麗な色をしている。開き咲くとハイビスカスのような可憐な花になる
  
花が終わった後、7日~10日で一番おいしい”軸”に成長する。10日以上経つと、写真のようにお化けオクラとなってしまう。

見沼の夏の朝

2012/8/24 am5:30 三室(馬場)自宅より
2階から見える日の出です。目覚めの冷や水とトマトジュースを飲みながら朝の変わりゆく風景を見ながら出勤の準備をします。
写真を撮るとき、いつも目の前の電線に泣かされます。(>_<)全てが完璧にはなかなかいきませんね。暑い1日を彷彿させる朝の太陽です。入道雲も準備万端です。
 
 

アサガオ

2012/8/21 自宅にて
アサガオが紫、青、ピンクと咲き競っています。夕方になるとしぼんでしまい、もったいない綺麗さです。アップにするとその際立った朝一番に咲いた美しさに驚かされます。ミツバチが昼間花粉で花びらを汚すと何故かもう写真を撮ろうとする気持ちがなくなってしまいます。また朝の柔らかな光のあんばいも自分の感性に訴えるかもしれません。

カブトムシ(メス)の樹液争い

2012/8/22 加田屋にて
こちらはクヌギの木。カブトムシのメスが右側で樹液の取り合いで戦っています。この時期はメスが多く、オスは希少です。木の下には振り落とされたクワガタがいます。メスは産卵前の最後の食事でしょうか。普段見られない獰猛さでクークー鳴きながら戦っています。