ページ

2014/12/22

ルリビタキ ♀

2014.12.22 片柳にて
今日は仕事がお休みで、休日と違い、人影が少ない見沼田んぼで朝からサイクリング&撮影。
美しいオスではありませんが、ルリビタキの♀を撮影しました。
コンパクトデジカメしか持っていかなかったため不鮮明です。(>_<)
ヒョロロヒョロロときれいな声でした。
他にジョウビタキのオスとホオジロとモズも冬の見沼田んぼで越冬していました。
 
ジョウビタキ♂


ホオジロ(頬白)
 モズ(百舌鳥)

2014/12/17

2014冬見沼田んぼ 厳寒の朝

2014.12.14 宮後橋より見沼大橋を臨む
朝6時半頃の芝川から上がる湯気の様子です。
アオサギも暖かい川につかり気持ちよさそう?です。

2014冬見沼田んぼ 紅富士

2014.12.14 片柳より
厳寒の見沼田んぼの朝です 朝6時50分の一番低い朝日が富士山に差し込むほんの数分の様子です。
空全体もピンク色に染まり、凍てつく寒さを和らげてくれます。

2014/12/14

2014冬見沼田んぼ チョウゲンボウ

2014.12.6 片柳にて
最初はハトと思って自転車で通りすぎようとしましたが、体がどうも茶色いのでよく見るとチョウゲンボウ君でした。
稲刈り後の田んぼの昆虫やネズミを狙ってじっと電線で待っています。怪しい私に気付いてこちらをじっと
みています。
 

2014冬見沼田んぼ

2014.12.7 片柳付近
空気が澄んで2日間連続で富士山がはっきり見えました。
2014.12.6片柳付近

2014冬見沼田んぼ

ネギの葉の水分が霜になり、表面についています。越谷ネギ深谷ネギに代表される埼玉ネギは寒さに強く、寒くなるほど中に甘みを残します。まるで、寒さを必要としているかのようです。

見沼代用水 西縁(にしべり)

2014.12.7 さいたま市緑区宮本付近
12月に入りめっきり寒くなってきました。まだ、柿の実が残っており、野鳥たちが数少なくなった御馳走のとりあいに夢中です。のんびりと水路を上るカルガモも穏やかな風景を生み出してくれています。
 
 

2014/11/30

空からの見沼田んぼ

2014.11.30見沼新大橋南側から
KYOSHO クアトロックスEYEカメラ付きヘリコプターからの画像です。
限界に挑戦とばかりに100メートルほど上空まで飛ばし、撮影してみました。
撮影は手元のプロポでスイッチ一つで撮影できますが、円盤型の機体が上空でカメラがどちらへ向いているのかわからいのが難点です。
ヘリコプターの形をしていれば、どっちを向いているかわかりますが、丸いと方向感覚を失います。
まだ慣れていません。(>_<)
この機体の写真は、小学校1年生の娘がカメラで撮ってくれたものです。
 
今は、手元のスマホでどんな画像がカメラから上空で写っているか確認できるのが主流のようです。
従って、勘で撮影し、家でパソコンで見たときに初めてどんな画像が撮れているのかわかり、結構ドキドキ感があって楽しいです。
かすんでいますが、見沼新大橋の向こうにさいたま新都心が見えます。
いつもの地上で見る「見沼田んぼ」と違う風景が楽しめるようになりました。
 

2014/11/29

かわせみ

2014.11.29 見沼代用水東縁、見沼自然公園など
見沼代用水の水かさが下がり、小魚が容易に確認できるようになってきました。
かわせみにとっては嬉しい季節です。
至る所でピーピーピーと甲高い声を出しながら移動しては低い位置の枝にとまり、魚を食べる行動を繰り返しています。
この時期は見沼代用水にはオイカワが沢山います。投網で漁をしている方もいます。凄い魚の濃さです。
 
 
 

上空からの見沼田んぼ風景

2014.11.29 見沼自然公園
カメラ付きラジコンヘリ(KYOSHO QUATTROXEYE)からの写真です。
100分の充電で6分間飛行が可能で、静止画と動画の撮影ができます。
画質は悪いですが、120万画素ではしょうがないです。
高さ25メートルからの撮影です。
 
2014.11.29 加田屋にて
見沼田んぼの秋の風物詩「フナノ」も空から撮影させていただきました。
高さ10メートルです。
 
2014.11.3片柳にて
上空15メートルからの田んぼ風景です。
風があると機体が流されてしまいます。
 

2014/11/24

アオサギの飛翔

2014.11.23 加田屋川にて
木の間からアオサギの様子をのぞいていたところ、怪しい私の気配に気がつき?飛び立ちました。

しらさぎの楽園

2014.11.15 芝川 宮後橋より
かつては国の天然記念物に指定されていた鷺山のしらさぎの営巣も川の汚れや田んぼの農薬により時代と共に数も減り、めっきり少なくなってしまいましたが、最近は川の浄化も進み野鳥も段々と戻ってきました。
鳥同士が戯れる様子も微笑ましく思います。
 

2014/11/23

冬の見沼田んぼの風物詩「フナノ」

2014.11.23 加田屋にて
今年も加田屋にフナノが登場しました。
さいたま市の市民団体の方々の渾身の力作です。
総勢120名。使用したワラの量は9トンにもなるとか。
全国的にもこれだけの大きさのものは珍しいそうです。
フナノの周りの竹筒にはロウソクが入っており、決められた日の夜に明かりをつけ、幻想的な風景を楽しんでもらうとか。

2014/11/03

秋富士

2014.11.3 片柳にて
もう富士山は全部真っ白なんだろうなあと思っていましたが、山頂だけが白い美しい「富士」が見沼から見れました。
筑波山や男体山がくっきり見える日は、富士山も綺麗に見える指標になります。
今日は文化の日。地元の秋祭りがあり、向かいの見沼区では、気球を無料で乗らせてくれる秋イベントがありました。
あいにく、強風で子供と乗ろうと午後搭乗分を予約したものの中止に。
北海道や東北地方は低気圧の影響で大荒れの1日となり、その影響が出たようです。


2014/10/22

新都心の秋の夕日

2014.10.19 芝川遊歩道(馬場にて)
今週末の25日(土)は、第2回さいたまクリテリウム・ツールドフランスがさいたま新都心で開催されます。
あいにく出勤で今年は見に行けず非常に残念です(>_<)。
大雨で延期にならないかな~なんて意地悪なことを思うが、雨天決行。大雨の場合は延期にはならず中止だそうです。((+_+))
 

紫色の小さな花(柳花笠)

2014.10.11 代山にて
ヤナギハナガサという花のアップです。
4月から1月までの温かい時期に咲く花です。
和名の由来は、花序を「花笠」にたとえ、細い葉を「柳」にたとえたものだそうです。
小さな花1つ1つが自己主張しているように感じます。
親しくさせていただいている「山野草」販売をしている高橋さん宅で撮影させていただきました。

2014/10/13

はさがけ風景

2014.10.13 武蔵野線(東川口~東浦和間)
稲刈りも終わり、稲を乾かす光景がいたるところでみられます。
黄金色の秋の風景を見るのに一番の時期かもしれませんね。
武蔵野線もこの区間だけタイムスリップしたような風景が広がっています。
鉄道写真家の中でも都心から手軽に田園風景と列車を一緒に撮影できるポイントとして知られています。
 

台風前の夕焼け

2014.10.12 片柳より
台風19号が近づいています。
本来なら、12夜~13日朝まで友人Iさんと千葉の鴨川まで夜釣りに行く予定でしたが、うねりが高く中止しました。
台風後もそうですが、台風前もきれいな夕焼けが見られます。
大気の塵が台風に吸い込まれることによるものと考えられています。
明日の通勤時間帯が心配です。
にわか雨

エゾビタキ

2014.10.13 東縁にて
シベリアなどから10月にわたってくる鳥だそうです。
胸のあたりに縦縞があるのが特徴です。
何羽かの群れでミズキの実をついばんでは桜の木に移りぱくぱくと食べています。
ぶどう
 

2014/10/11

白い貴婦人

2014.10.11 加田屋にて
稲刈りの後の田んぼでカエルやバッタやコオロギなどの餌を探しています。
自分でも稲刈り後の田んぼに入ったのですが、カエルが結構沢山ピョンピョン跳ねています。
鳥もそれをよく知っていますふなっしー デコメ絵文字

秋のひまわり畑

2014.10.11 加田屋にて
2週間ぶりの休みです。
今日から今朝は朝から夏のような光景に出合いました。
ひまわり畑が一面に広がり、皆東の朝日の方角に向いています。
毎夏行く、山梨県の明野のひまわり畑のような光景です。
ひまわりは種をまく時期をずらすと秋中でも咲く寒さに強い花だそうです。ゴシック デコメ絵文字
明後日からの台風で倒れてしまわないか心配ですが、宜しかったら皆さんも足を運んでみてはいかかでしょうか?
私のように写真だけでなく写生するにもいい場所です。
加田屋の「思い出の里」の手前に2か所に分けて植えられています。花 デコメ絵文字
 

2014/10/10

皆既月食

2014.10.8 19:40 自宅より
普通に見える月のように写っていますが、皆既月食中の赤黒い月です。
シャッタースピードが遅すぎているかもしれませんが、影が全体にかかっている最中の月です。
実際に見える月はもっと暗い月でしたが...。下が皆既から部分へ移行している画像です。
次回の皆既月食は2015年4月4日です。ただ、今回のように1時間も皆既状態はなく十数分とのこと。その次は2018年まで見られないそうで、今回がゆっくり見られるいい機会だったようです。
 

2014/10/03

浅子養鶏場のおいしいたまご(あさこのたまご)

埼玉スタジアムのそばの代山にある「浅子養鶏場のたまご」
緑区代山に「浅子養鶏場」があります。
ここの卵がおいしいです。
卵かけごはんで食べるとその違いが分かります。箸で持てる黄身の弾力と濃さです。
どなたにでもいつも採れたてを用意してくれています。
時期によっては、若い鳥(初めての産卵)が生んだ卵を同じ価格で選ばせてくれます。
御主人にはいつも私が営業開始時間の1時間ほど前に行くのでオコラレます((+_+))。
皆さんも是非足を運んでみてください。
1キロ380円から




2014/09/29

稲俵風景

2014.9.28 上山口新田にて
見沼田んぼの代表的な秋の稲俵風景です。
牧歌的な風景に朝から癒されます。
コスモスは朝日があたる東の方角を全て向いています。
ひまわりと同じような感じでしょうか。常に太陽のある方向を向いています。
 

秋満開 コスモス


2014.9.28上山口新田(首都高見沼線下)にて
上山口の稲刈りが本格的に始まりました。
写真のコスモスの後ろでは稲刈りが始まっています。
秋分の日を過ぎて気温がぐっと低くなってきました。
コスモスが至る所で咲き乱れています。
今朝は朝5時に起床、6時~10時までの清々しい散策でした。
 
 

2014/09/27

秋まっさかりの彼岸花

2014.9.23総持院前
今日23日はお彼岸(秋分の日)。昼と夜の長さが一緒で暑さも今日までと言われています。
不思議とそのころに丁度咲くこの彼岸花は約2週間の命です。
ウォーキングやジョギングやサイクリングする方がひっきりなしに通っていきます。
すごく気持ちがいいです。是非秋の散策へお越しください。
 
さいたま市のホームページに私の彼岸花の写真が掲載されています。
宜しかったらどうぞご覧になってください。
↓↓
 

2014/09/25

キクイモの宙玉写真

2014.9.23 見沼新大橋付近にて
ピンク、赤ワイン色、橙色と色とりどりのコスモスが鮮やかなこの季節に黄色のひまわりのような花が至る所で咲いています。食用となるそうですが、でんぷん質が少ないため、流通には向かないようです。
ひまわりのように鮮やかな黄色の花を宙玉レンズで撮ってみました。

2014/09/21

東縁沿いの彼岸花が咲き始めました

2014.9.20 総持院前 東縁沿い
彼岸花が咲き乱れています。
未だつぼみの花もありますが、赤いじゅうたんのように遊歩道沿いを染めています。
春は桜が咲き乱れるこの遊歩道は、ジョギング、サイクリング、ウォーキング、通学路と沢山の人を楽しませてくれます。
春は桜、夏はヤブカンゾウ、秋はこの彼岸花がずらっと咲きます。

2014/09/20

ツマグロヒョウモン

案山子公園にて
コスモスとツマグロヒョウモンです。
羽の先に斜めの白帯を持つのが特徴です。
関東では以前は見られなかったが、温暖化の影響か、本土の北限が関東北部まで広がってきている。

2014/09/13

スーパームーン

2014.9.9 自宅より
地平線上で撮影したものではありませんが、今夜は満月です。
今年一番地球に月が接近した日だそうです。次回は来年の9月とか。
300ミリレンズでもクレーターがはっきり見えます。