ページ

2017/01/11

シメ


2017.1.7 見沼自然公園にて
アトリ科の代表的な冬鳥です。
顔が少し不細工で太っちょ。

ウィキペディアより抜粋→
「シー」と聞こえる鳴き声と、鳥を意味する接尾語である「メ」が和名の由来となっている


ろうばい(蝋梅)


2017.1.7 見沼自然公園にて
あたり一面を香水のような香りを漂わせています。
トイレなどに一輪挿しにすると1週間くらい芳香剤がいらなくて、清々しい気分でいられます。
冬の黄色い花をつける樹木の代表でしょうか。
私が好きな花の一つです。
蝋のように透き通った花びらを持つことから蝋梅と書きます。
梅の字を書くが、梅の種とは別。また、種子などに毒をもつ有毒植物である。


2017冬 見沼田んぼ


2017.1.3 見沼大橋にて