ページ

2014/09/29

稲俵風景

2014.9.28 上山口新田にて
見沼田んぼの代表的な秋の稲俵風景です。
牧歌的な風景に朝から癒されます。
コスモスは朝日があたる東の方角を全て向いています。
ひまわりと同じような感じでしょうか。常に太陽のある方向を向いています。
 

秋満開 コスモス


2014.9.28上山口新田(首都高見沼線下)にて
上山口の稲刈りが本格的に始まりました。
写真のコスモスの後ろでは稲刈りが始まっています。
秋分の日を過ぎて気温がぐっと低くなってきました。
コスモスが至る所で咲き乱れています。
今朝は朝5時に起床、6時~10時までの清々しい散策でした。
 
 

2014/09/27

秋まっさかりの彼岸花

2014.9.23総持院前
今日23日はお彼岸(秋分の日)。昼と夜の長さが一緒で暑さも今日までと言われています。
不思議とそのころに丁度咲くこの彼岸花は約2週間の命です。
ウォーキングやジョギングやサイクリングする方がひっきりなしに通っていきます。
すごく気持ちがいいです。是非秋の散策へお越しください。
 
さいたま市のホームページに私の彼岸花の写真が掲載されています。
宜しかったらどうぞご覧になってください。
↓↓
 

2014/09/25

キクイモの宙玉写真

2014.9.23 見沼新大橋付近にて
ピンク、赤ワイン色、橙色と色とりどりのコスモスが鮮やかなこの季節に黄色のひまわりのような花が至る所で咲いています。食用となるそうですが、でんぷん質が少ないため、流通には向かないようです。
ひまわりのように鮮やかな黄色の花を宙玉レンズで撮ってみました。

2014/09/21

東縁沿いの彼岸花が咲き始めました

2014.9.20 総持院前 東縁沿い
彼岸花が咲き乱れています。
未だつぼみの花もありますが、赤いじゅうたんのように遊歩道沿いを染めています。
春は桜が咲き乱れるこの遊歩道は、ジョギング、サイクリング、ウォーキング、通学路と沢山の人を楽しませてくれます。
春は桜、夏はヤブカンゾウ、秋はこの彼岸花がずらっと咲きます。

2014/09/20

ツマグロヒョウモン

案山子公園にて
コスモスとツマグロヒョウモンです。
羽の先に斜めの白帯を持つのが特徴です。
関東では以前は見られなかったが、温暖化の影響か、本土の北限が関東北部まで広がってきている。

2014/09/13

スーパームーン

2014.9.9 自宅より
地平線上で撮影したものではありませんが、今夜は満月です。
今年一番地球に月が接近した日だそうです。次回は来年の9月とか。
300ミリレンズでもクレーターがはっきり見えます。

2014/09/07

宙玉(そらたま)写真

2014.8.31 馬場自宅より
たまたま、図書館で見つけた写真家 上原ゼンジさんの本を読みました。
アクリル玉とアクリル板を組み合わせたレンズで撮影した「宙玉写真」なるものを見つけた方です。
見沼田んぼの題材でできないか考え、自分でもレンズを組み立ててみました。
上の写真は初めて撮った見沼田んぼの”そら”玉写真です。
レンズの筒はナビスコチップスターの筒を利用しています。
地球のような写真が出来上がりました。
玉の中の画像は実際の見た目と反対になっていますので、写真としてアップなどをする
場合は、180°回転させる必要があります。
まだまだ、初歩段階ですが、その場にあった写真を撮っていきたいと思います。
                              2014.9.6 コスモスの花

2014/09/06

ヤマトタマムシ

2014.9.6 馬場自宅にて
美しいタマムシです。正式名称はヤマトタマムシだそうです。
法隆寺の玉虫の厨子に使われている昆虫です。
「派手なスーツ、ネクタイ」や「指定外学生服の裏地」、「改造車のマジョーラカラー」などでもおなじみですね。

今朝、家の前の共同緑地の草刈りをしていた時にどこからともなく飛んできました。
かぶっていた帽子で四つん這いになりながら懸命につかまえました。
その綺麗な体に感嘆。
長野県と群馬県は絶滅危惧に指定されているタマムシ。
何故か埼玉県はレッドリストの特定指定は何もありません。
 
写真を撮らせていただき、子供はお絵かきをしました。
すぐに逃がしてあげました。
撮影中に”うんち”をしたため
子供が大喜び。それも絵に書いたとのこと。
失礼。 

2014/09/04

トンボ?チョウ?

2014.8.30 案山子公園のハーブ園にて
後ろの羽はチョウ前はトンボのような実に奇妙なカタチをしています。その姿の通り「チョウトンボ」といいます。
飛ぶ姿もひらひらとチョウのような飛び方と俊敏なトンボの飛び方を兼ね備えています。
ここ埼玉はレッドリストでの指定はありませんが、神奈川は絶滅危惧1類、東京は絶滅危惧2類に指定されている段々と少なくなってきたトンボです。
希少な昆虫を大切に育んでいきたいですね。