ページ

2012/12/02

冬景色

2012.11.25 片柳にて
一面の冬景色が広がります。土のにおいと緑のにおいが混ざり、見沼田んぼ独特の朝の新鮮な空気が広がっています。

もみじ

2012.11.25 片柳にて
今年の夏が暑かったせいか紅葉の色も例年より幾分鮮やかな気がします

見沼田んぼの冬朝の風景

 
2012.11.25
ブロッコリー畑とメタセコイア並木。朝の静かでのどかで田舎な風景が広がります。氷点下の朝を迎え、畑が一面霜で真っ白です。
 
 

樹氷葉氷

 
2012.11.25 片柳にて
本当に寒い朝です。寒ければ寒いほど見沼田んぼはいつもと違った姿を見せてくれます。

湯気が立ち上る冬模様の芝川

2012.11.25 見沼大橋より
朝7時 気温1度。川面から湯気が立ち上っていました。これからもっと寒くなり暖かい芝川に水鳥たちが多く集まってきます。

餌付け台

2012.11.25
2階ベランダに木の切れ端で自作した餌付け代を備え付けてみました。初めてスズメが飛んできてくれました。(パン粉、米、みかん)

銀杏(いちょう)

2012.11.25 宮本 自宅付近にて
いちょうが黄色く紅葉してきました。西縁沿いのこの並木は四季を色濃く映し出してくれます。

冬へのそなえ

2012.12.1片柳にて
多分人間が食べてもおいしいんだろうというぐらいに熟した柿をついばむメジロとヤマガラ。おいしいものを食べるとなったら逆さまでも何のその。
エゴノミばかり食べていると思われたヤマガラも柿をおいしそうに食べていました。