ページ

2013/07/20

いわし雲

2013.7.20 片柳
秋を思わせるいわし雲です。
大きくなってきた稲の下からレンズを構えてシャッターを切りました。
午後4時の見沼の空です。
いわし雲ができる高度は5キロ~13キロほどもあるそうです。
雄大な空を眺めていると小さな自分を反省します。
また、”希望の明日”への活力になります。
 

カセンソウのはな


2013.7.20 自宅
カセンソウ(歌仙草)の花です。
キク科の花で一見タンポポのように見えますが、下の写真にもありますように茎が長く、葉っぱもとげとげはありません。蜜を吸っているのはホソヒラタアブ。
カセン(歌仙)とは「和歌に秀でた人」の意味だそうで、その人が乗った車の車輪を連想したものという説があります。
大阪、三重、奈良では絶滅し、埼玉県では準絶滅危惧種に指定されています。