ページ

2014/02/15

ヒカリの軌跡


2014.2.14 自宅より
 
記録的な大雪の予報で、会社も午前中で終わりました。
案の定、翌日2.15は家の前の積雪は30センチ。
先週の週末に続いて今週末も大雪で交通機関は大混乱のようです。
ただ、風景が変わる雪は嬉しく、雪かきも運動不足解消にはちょうど良いです。
そろり足でゆっくり走る車のライトの軌跡をシャッター速度を10秒くらいに設定して撮影してみました。
シケインになっている家の前を「S」字を描いて去っていきます。

雪見どり

2014.2.8 東縁にて
20年ぶりの大雪。
色鮮やかなカワセミが白い雪に映えてきれいです。
ちょっと目立ち過ぎで小魚にすぐ見つかりそうです。

雉出現(^・^)

2014.2.11 片柳にて
朝の撮影でしばらく見かけなかった「キジ」に今日は3か所で見かけました。
丸々太ったオスです。
首も身体も私といい勝負の太り具合です。
ケンケ~ンとはまだ鳴いていませんが、春の繁殖による縄張り争いの時期はもうすぐです。

2014/02/11

ウグイス

2014.2.9 大崎にて
チッチチッチと地鳴きをして落ち着かない動きをしながら動き回っています。
まだ「ホーホケキョ」とまではいきませんが、春が近づいている証ですね。

天からの贈り物

2014.2.9 大崎にて

寒い日には

2014.2.9大崎にて
寒い日には体温を維持するためにこうしてずっと膨らんでじっとしています。アップで見ると胸の羽毛がきれいですね。

2014/02/08

ビンズイ?タヒバリ?

2014.2.8 片柳にて
スズメ、カシラダカの群れのそばにいました。警戒心が強く、写真を撮るのも一苦労です。

カシラダカ

2014.2.8 総持院前にて
頭のモヒカンがきまっています...。

雪中のホトケノザ

2014.2.8 片柳にて
雪の冷たさにものともせず可憐な小さい花を咲かせています。
春はもうすぐです。

雪ふる中のカワセミ

2014.2.8 東縁にて
雪の中でもいました。小魚を必死で探す姿をしばらくみていました。
このあと水中に飛び込みましたが、獲物を撮ることはできませんでした。

雪の結晶

2014.2.8 三室自宅にて
窓ガラスについた雪をよくみてみると雪の結晶がみえます。
マクロレンズでアップしてみました。
 
 

静寂の見沼田んぼ

2014.2.8 片柳にて

南部領辻のカーブ

2014.2.8 南部領辻(トラスト1号地前)にて
寒い。
吹雪いているのがわかるでしょうか。

 
 

冬景色

2014.2.8 片柳にて
20年ぶりの大雪か。冬型の気圧配置と強い低気圧の影響により今朝早くから雪。
ソチオリンピックの開会式も深夜みてしまったお蔭で今朝の見沼田んぼ撮影散策も少々遅い時間です。
久々の雪景色に子供のようにはしゃいでいます。
家の前の雪かきもしましたが、どんどん降ってくるのでほどほどに。
明日も楽しみ。
 
 

2014/02/01

並木

2014.2.1 大崎にて
メタセコイアの並木です。
朝の青い空に映え、空高くはえ揃う姿は見るものを和ませてくれます。
 

ジョウビタキ(メス)

2014.2.1 総持院前にて
寒いのでしょう。自らの羽毛を大きく膨らませて熱を逃げないようにしています。
警戒心が薄く、距離にして3メートルほどです。
羽の中ほどにある白い紋が特徴です。

福寿草

2014.2.1 大崎にて
こちらも昨年、同じ場所に数株咲いていたのを思い出していってみるとやはり咲いていました。
春を告げる花の代表である。
そのため元日草(がんじつそう)や朔日草(ついたちそう)の別名を持つ。
福寿草という和名もまた新春を祝う意味がある。
また、根には強心作用、利尿作用があり民間薬として使われることがある。
しかし、毒性(副作用)も強く素人の利用は死に至る危険な行為である。
薬理作用、毒性共にアドニンという成分によるものと考えられている。
(ウィキペディアより抜粋)

紅白梅

2014.2.1大崎植物園前(焼却場前)にて
昨年もこの時期に梅が一足先に咲いていたのを思い出して、今朝通ってみると3分咲きの状態でした。
焼却場の排熱が早咲きにいい影響をおよぼしているのでしょうか。
 

ロウバイ

2014.2.1 三室自宅にて
散歩に出ると至る所で甘い香りがします。
冬のこの時期はロウバイと万作の黄色い色が鮮やかに映えますね。