ページ

2013/03/11

しだれ梅

2013.3.9 片柳にて

ネコヤナギ

2013.3.9 見沼自然公園にて
ネコヤナギが美しい綿花を咲かせていました。ネコヤナギの花は春の訪れを知らせてくれます。因みに名前の由来は花の形が猫のしっぽに似ているところからきているとのこと。またネコヤナギの樹液はカブトムシ、クワガタの大好物。
因みに我が家のカブトムシの幼虫は、今は冬眠中。
 

まんさく

2013.3.9 見沼自然公園
早春に咲く花。「先ず咲く」がなまって「まんさく」になったともいわれているとか。
暖かくなり、まんさくも、もうそろそろ終わりでしょうか。


アオサギ

2013.3.9 見沼大橋より
サギ類の王者の風格たっぷりです(日本では最大のサギ)。羽を広げると2メートル近くあります。見沼で一番個体数が多いかもしれません。
 

ジョウビタキ

2013.3.9 トラスト1号地前
警戒心の薄いジョウビタキはいつも近くで撮らせてくれます。全然逃げません。口笛を吹くと、首を時々かしげます。
 

動きが機敏な割に人懐っこい不思議な鳥です
 
 
 

こはるびより

                             2013.3.9 総持院前にて
のどをゴロゴロと鳴らして近づいてきた”トラネコ”君。春の日差しをいっぱい浴びて気持ちよさそうです。
 

爪とぎもしちゃいます


アネモネ

2013.3.9 総持院直売所にて
いつも撮影の帰りに寄る直売所でアネモネの花を見つけマクロレンズで迫ってみました。この花も茎の汁に皮膚炎を引き起こす毒があるとのこと。

福寿草

2013.3.9 片柳にて
早春に新芽を出し、鮮黄色の花をつけるので、縁起の良い花としてお正月に飾られます。ただ、全草が有毒なので、食べると中毒症状をおこし、死に至るケースも。新芽がフキノトウと似ているため、確かに間違って食べてしまうかもしれません。きれいな花から毒とは想像もつきません。
 
 

菜花

2013.3.9 片柳
気温25度。初夏の暖かさになった日でした。見沼田んぼにもようやく春の芽吹きがあちこちに見え始めました。