ページ

2016/02/27

福寿草

2016.2.27 我が家にて
福寿草が見事に咲きました。
2年前に地植えをしてから同じ場所で毎年咲きます。
特に何をしているということもないのに、何もない地面から突如、芽が出てきます。
夏から秋にかけて枯れて跡形もなくなるのに、地中深くではじっと春を待っている根が存在します。
根には毒があることでも知られています。
福寿草は、ろうばい、マンサクと共に私が好きな「黄色い初春の花」です。
いずれも、寒い朝にも負けず力強く太陽の光を浴びて春の訪れを告げてくれます。
福寿草は、ろうばい、マンサクとは違い樹木ではありませんが、可憐な色濃い美しい黄色の花びらを地面すれすれに咲かせます。
旧暦の元旦のおめでたい時期に、雪を押し上げて開花すること、また開花の時期も長いことから、福寿草と名づけられたそうです。
 「幸福、祝福」の福と「長寿」の寿を組み合わせたもの。
受験生の皆さんにはにぴったりの花ですね。
あともう少しです。受験生の皆さん。最後まであきらめず頑張って!
「サクラ咲く!」「福寿草咲く!」
 
 
 

2016/02/22

梅は満開

 2016.2.21 見沼自然公園
見沼自然公園の梅の花は満開です
暖かったり寒かったりを繰り返しながら春が近づいてきます
樹木はそんな季節の変化を根と幹と枝で感じながら、主役の順番を待ちます❗
2016.2.21 さぎ山記念公園
ヘラブナを釣っている人を見守るかのように池の周りを彩っている紅白梅です
真っ青な空に映えます
ほのかに香る梅の香で癒されます
仕事の疲れをリセットしてくれます

河津桜さく

 2016.2.21 見沼区 思い出の里にて
気温の上昇と共に河津桜が咲き始めました。本場伊豆ではもう満開だそうです。
ソメイヨシノと比べ、背丈も低く濃いピンクと葉の緑が一緒に出てくる独特の色合いです。
見沼田んぼでは、ソメイヨシノは約1か月後に咲き始め、3月末に満開になります
受験生の皆さん!寒さに負けず頑張って!
桜咲け!



2016/02/08

雪景色 みぬまたんぼの冬


動物のあしあとが...
2016.2.7 上から順に メタセコイア並木、片柳、宮後橋手前
昨晩からの冷え込みと深夜の雪で日曜の朝は一面銀世界となりました
普段見れない美しい白銀の風景に癒されます
美しい見沼田んぼの違った景色を探しに自転車で出かけました
春はもうすぐなのにまだまだ冷え込む日が続きます





2016/02/06

芝川の朝靄(あさもや)

2016.1.31宮後橋より
大寒
1年で最も寒い時期がこの1週間と言われます
三寒四温とも言いましょうか
大寒とはいえ、寒暖を繰り返しながらを段々と春に近づいていく季節のまなざしが感じられます
川面(かわも)から湯気が上がっています
アオサギが餌を狙うわけでもなく暖かい川の中に入ってじっとしています
静寂の時間が流れています