ページ

2013/12/31

今年一年に感謝

2013.12.31 大道橋よりさいたま新都心を臨む
今年一年大変にありがとうございました。
また、拙い写真をいつも見ていただき大変に感謝申し上げます。
身近な場所より精進を重ね、より一層感動を与える写真を追い求めて行く所存です。
来年もまた、失敗を恐れず何事も一歩前進できたと言えるように頑張ります。
皆が幸せを感じる世の中を願って...。
 
 
 

2013年大晦日

2013.12.31 大道橋よりチュウサギの舞
1年を締めくくるに最高の日和となりました。

2013/12/30

冬のみち

2013.12.30 宮後橋より
片柳にて(加田屋川沿い)
雪が降ったように一面真っ白です。
鷲神社前にて

2013/12/29

芝川に舞い降りるチュウサギ

2013.12.29 宮後橋より
川の深さも20センチくらいでしょうか。
水量が乏しく、水鳥たちは競って餌を求めて芝川へやってきます。
真っ青な空を映した川面に真っ白な姿が一層引き立って見えます。
 

冬景色

2013.12.29 熊野神社近く
 

しもばしら

2013.12.29 片柳にて
今朝は氷点下まで下がり、川面から湯気が上がっています。
畑の霜柱も長いもので7~8センチくらいあります。
霜柱の頭には必ずやわらかい土が帽子のようにかぶっています。
霜柱の形成はこの帽子の土に含む水が氷ることから始まります。
その後、放射冷却により地上から空中へどんどん熱放出され帽子で押さえつけられた氷は気化せず、どんどん上がっていきます。
放射冷却の時間が長ければ長いほど、また、帽子が軽いほど霜柱も長くなるというわけです。
その力は瓦片くらいの塊も持ち上げるほどの力があります。

2013/12/23

12がつ23にちのふゆぞら

2013.12.23 メタセコイアの木と青ぞら
一昨日、昨日と逗子の実家へ遊びに行き、一足早いクリスマスを楽しんできました。
メタセコイアはすっかり冬の枝姿になり、見るからに寒そうな装い。
空気が澄んで遠くの冬山も見えます。
今日は鍋かな...

モズ(百舌鳥)

2013.12.23 芝川調整池にて
百舌鳥が何かくわえています。獲物でしょうか。
今朝は、気温が低く、3度くらいでした。自転車のブレーキの金属レバーに触りたくないほど冷たく、吐く息も真っ白です。
見沼田んぼは一面霜がおりています。
百舌鳥は寒ければ寒いほど元気がでてくるようです。
至る所で鳴いています。
 

コサギ

2013.12.23 芝川にて(大崎付近)
ダイサギ・チュウサギよりもさらに小さく、足の指が黄色いことでコサギとわかる。
ダイサギとチュウサギは(足全体が黒い)

ノスリ(鵟)

2013.12.23 芝川調整池にて
今朝は風邪っぴきながらも朝から鳥見に出掛けました。
芝川調整池には朝8時というのに沢山のバードウォッチャーが集まり、それぞれ目的の鳥の姿を追っています。
写真はノスリだと思いますが、カラスに追われながらも高圧線とまったところを撮影しました。
※タカ科の鳥ですが、鷹狩に使えない鷹として奈良時代には「くそとび」と呼ばれていたとのこと。
 
 
 

2013/12/16

【番外編】勝浦まで魚釣りにいってきました

                                  2013.12.14 勝浦での釣果
見沼田んぼとは関係ありませんが、昨日、会社のIさんとTさんと千葉県の勝浦港まで吊りに行ってきました。
豆アジが面白いように釣れました。Iさんは160匹も釣ってもってかえりました(-_-;)
写真左上方は白ギスです。
この時期に15~18センチクラスは◎です。
越冬ギスと言って外海より港に入って冬を越すキスです。
勝浦港は大型の漁船が入出港する関東でも有数の港です。
丁度この時期は金目鯛の底はえ縄漁をする船が出入りしています。その船道にキスが越冬しています。
魚を釣り上げると、魚がびっくりするほど温かく、いかに水温が高く、気温が低いかがわかります。
魚は暖かい場所をよく知っていますね。
左下はマハゼで、右側はいわしとアジです。
アジは圧力鍋で煮て丸ごと食べ、キスとハゼは唐揚げにして晩御飯にしました。
楽しい時間を過ごすことができました。
今年もあと16日です。
毎日を丁寧に過ごしていこうと思います。

2013/12/08

カリンの木

2013.12.7 片柳にて
バラ科の木です。
この果実はカリン酒などの原料になる。
この果実を触った時の手の香りが結構強く、個人的にはあまり好きではない。
「カリン!」語呂合わせで「金は貸すが借りない」の縁起担ぎで庭の表にカリンを植え、庭の裏に「カシノキ」を植える人もいるとか...。

芝川のアオサギ

2013.12.8芝川(見沼大橋より)
芝川の冬の代表的な鳥です。

寒干し大根ふうけい

2013.12.7 見沼くらしっく館にて
今朝は、よく寝て10時からの散策です。
ここ、旧坂東家住宅は、加田屋新田を開き名主を務めた坂東家の安政4年に建てられた住宅を復元保存している場所です。茅葺で90坪の大きな間取りになっています。
写真の干し大根の風景、また建物の中は当時の農家としては豪華な装飾が至る所に目につき、格式の高い豪農の暮らしを今に伝えています。
建物の中も自由に拝観でき、当時のおもちゃなどで遊ぶこともできます。タイムスリップしたような感覚になり、子供も大人も楽しめます。
豪華な居間と着物(希望者は試着もできます)
使わないと思います...。
 
 
 
 

2013/12/07

小雪?

2013.12.1 見沼新大橋下(東浦和寄り)
暦の上では「小雪」。
小雪が降り始めるころだそうです。
暖冬のせいか、紅葉がきれいに色づいています。

ただ、地面はご覧のとおり霜がおりています。

見沼新大橋からの富士

2013.12.1見沼新大橋から富士を望む
見沼新大橋は見沼田んぼの真上を横切っている有料道路です。
ワールドカップ2002開催時は各国の選手団はここの橋を渡って埼玉スタジアムまで行きました。
因みに自転車の通行料は20円です。
車が通っていない時にセンターライン上の低い位置からシャッターを切りました。