2014/01/27

アオジ

2014.1.27 総持院前にて
アップにすると緑と黄色で鮮やかですが、普通に飛んでいる姿は茶色いスズメと見間違うほど。
用心深い性格ですばしっこく、写真もじっと撮ることができません((+_+))
 

2014/01/25

シメさん

2014.1.25 大崎にて
アトリ科の鳥です。
小さな声で枯草原の中を歩くようにちょこちょこと移動しています。
太いくちばしが特徴ですね。ちょっと不細工?
同じアトリ科のベニマシコのオスを探していますが、まだ一度も見たことがありません。
早く見てみたい。

くろい監視下のノスリ

2014.1.25大崎にて
 

朝日を受けて

2014.1.24 三室自宅より
朝6時過ぎの東の空に...

2014/01/19

シロハラ

2014.1.19 片柳にて
ググググワと地鳴きしていたので、最初はツグミかなと思いましたが、じっと動かずに様子を見ていると、シロハラ(ツグミ科)が現れました。
北風が砂埃を舞い上げ、目が開けられないほどです。
風音が警戒心を解いてくれているのでしょうか。
近くによってもすぐには逃げません。
 
 

カシラダカ

2014.1.19 見沼自然公園にて
かんむり羽がチャームポイントのカシラダカ(ホオジロ科)。
横顔はホオジロそっくりです。
今日は北風が強く、早朝に雪が舞ったようで、地面にはうっすらと白くなっていました。
カシラダカも寒そうに群れで行動していました。

2014/01/18

今朝のカワセミ

2014.1.18 東縁にて
今朝もオスのカワセミがピーッツピーッツと甲高い声を出しながら餌を求めて飛び回っています。
小さくて俊敏で色鮮やかなカワセミはいつも美しい風景を作り出してくれます。

オオジュリン

2014.1.18 大崎にて
不鮮明で申し訳ございません。
朝のアシ原にてカサコソと音がする方を静かに見ていました。
オオジュリンが足の茎の中にいる虫を食べています。
それにしてもこんなにも細い足で全身を支える健脚には脱帽です。

ゴイサギ(幼鳥)

2014.1.18 加田屋川合流部にて
ゴイサギの幼鳥がになたぼっこ中です。
私の動きをじっと見つめています。
警戒距離まで近づくとパッとかわすように飛んでいきました。
最近ゴイサギの数も減ってきたような気がします。
平家物語の作中において、醍醐天皇の宣旨に従い捕らえられたため正五位を与えられたという故事が和名の由来になっているとか(ウィキペディアより抜粋)

2014/01/13

穏やかな見沼田んぼ夕景

2014.1.13 片柳(みぬまたんぼのへそ)にて
あっという間の3連休が終わりました。
子供と一緒にお使いの帰りに夕焼けを撮りに行きました。
富士山は見えませんでしたが、綺麗な夕景をみることができました。
自然が織りなす穏やかな大きな美しい空を見ていると明日への活力となり、明日への希望が湧いてきます。
 
 


カワセミ

2014.1.12 東縁にて
穏やかな昨日とはうってかわり今日は朝から強い風が吹いて体感温度も氷点下です。
写真は昨日のカワセミの様子です。
今朝は朝から子供と一緒にゴミ拾いをしました。
ほんの30分で45㍑ごみ袋を5袋(空き缶3、ペットボトル1、燃えるごみ1)
悲しくなる現状です。
とってもとってもゴミがどこからともなく捨てられていきます。
5歳の子供は楽しそうに無邪気に拾っています。
いつまでも綺麗な自然を残すために、できることを1つ1つやっていきたいです。
 
 
 

2014/01/12

百舌鳥(モズ)

2014.1.11大崎

こわがらないハクセキレイ

2014.1.11 川口調整池にて
手のひらから30センチほどを近寄っては離れ近寄っては離れを繰り返している。
手で草をむしって指ではじくと虫と間違えたのかついばみに来ます。
こんなに人なつっこい鳥ではなかったはずですが、私を2羽で観察しています(゜゜)
 

埼玉県(見沼田んぼ)からみた冬山遠景(赤城山、日光白根、男体山、大真名子山、小真名子山)

寒い寒い冬の乾燥した空気が遠い山々を綺麗に映し出してくれます。
埼玉県緑区からでも群馬や栃木の山々をこうしてみることができます。
ここ緑区から日光白根山の山頂まで直線距離で106キロあります。
300ミリレンズで撮ってみました。(朝6時半)
 2014.1.5 さいたま市緑区自宅から見た赤城山(北西方面)
 2014.1.5 さいたま市緑区自宅から見た日光白根山(一番尖った山)(北北西方面)
 
  2014.1.5 さいたま市緑区自宅から見た日光連山(左から順に男体山、大真名子山、小真名子山、帝釈山(北方面)

2014/01/03

ユリカモメ

2014.1.3 みぬま見聞館近く
日本では営巣しない冬の渡り鳥です。
ご存知の通り東京都の鳥。
埼玉は春日部市の鳥。
 
 
 
 
 
 
 

マヒワちゃん

2014.1.3 「ととまる」近く
かわいいマヒワの群れです。
私との距離を一定にとり群れでとびまわっています。
臆病な鳥で、声も小さく、大きさはスズメより小柄です。
 

見沼田んぼのカワセミ

2014.1.3 (新宿橋近く)芝川にて
今年初のアップです。
カワセミのオスです。(下のくちばしが黒い)
冬場も毎日芝川を縦横無尽に飛び回っています。
しかしながら、カワセミが住める健全な自然状態ではありません。
「ごみが無ければ...。川がきれいなら...。」
ジョギングや散歩や鳥見をする全ての人が思っているはずです。
ごみ袋を片手に少しでも気付いた人が掃除しながら帰れればと思っています。
 
自分の家の周りでは捨てないのに他の場所なら平気で捨てます。
人が見ていないと思って捨てるのでしょう。
ごみを拾う力は捨てる力の数倍の力が必要です。
少しづつきれいにしていきます。

キジのメス(地味な色です)

2019.5.11 緑区自宅より撮影 キジのメスがオスの近くで鳴いています。 声は動画では聞こえないと思いますが、「ピーピー」と小鳥のような泣き声です