ページ

2015/02/28

【番外編】ひぐまカフェ

男43歳にしてパンとお菓子作りを始めました。神奈川に住む母のレシピをもらい試行錯誤しながら奮闘しております。
やってみると楽しく、失敗もたくさんしますが、成功して皆さんに差し上げ喜ばれたときは何物にも代えがたい嬉しさがあります。
できるかできないかはやってみなきゃわからない。
ひぐまとは、私の体型が似ているからだそうで家族が勝手に命名しました。
週末限定のおもてなしです。





2015/02/22

緑区環境講演会

2015.2.8 プラザイーストにて
緑区主催の環境講演会に行ってきました。見沼田んぼの動植物の生態の変化についての勉強会でした。
埼玉大学非常勤講師の巣瀬先生による講演は、有意義で大変勉強になりました。
豊かに思える見沼田んぼも環境の変化で動植物が激減している実態があるとのことでした。
貴重なこの自然を皆で大事にしていきたいと改めて決意しました。

ユリの種?

2015.2.11 浅子養鶏場近く
ユリの花の種が飛んで行った後の抜け殻の様子です。
太陽光が透けてきれいでした。道端の至る所に残っています。
大正時代のランプのような不思議な形をしています。

フキノトウ

2015.2.14 片柳にて
昨年も同じ場所にフキノトウがあったのを思い出し、行ってみるとありました。フキは日陰と日なたの中間ぐらいのところを好み、湿気がある程度ある場所がよさそうです。
乾燥しきっている場所には生えていない気がします。
夏にフキが生えているところを覚えておくといいと思います。
少し頂戴してあく抜きしてから天ぷらにしました。
自然の恵みを存分に味わえました。
おいしいです。
 

2015/02/21

 霧の朝

2015.2.19 自宅前より東の空を臨む
今朝は冷え込み昨日までの雨が霧となって見沼田んぼを覆っています。
朝6時の空です。霧の条件は、前の日までに雨などが降っていること。太陽が昇る前の気温が0°C前後であること。でだいたいあってそうです。太陽が昇ると霧もあっという間に消えてなくなってしまいます。
見沼田んぼの朝は厳しく、春はすぐそこまで来ているのに布団からなかなか出られません。
先週、フキノトウが出ていたので天ぷらにして食べました。独特の苦みがあり、ビールにばっちりです。

2015/02/07

2015 春 見沼田んぼ 福寿草

2015.2.7 大崎にて
毎年この時期に咲き始める福寿草。冬の好きな花の1つです。
今年もいつもの場所にポツンと咲いていました。地表近くに鮮やかな黄色が映えています。
マクロレンズで接写してみました。
 

2015/02/01

2015 春 見沼田んぼ 梅開花

2015.2.2 大崎にて
毎年この時期一番早くここ大崎付近で梅が咲きます。
春はすぐそこまで来ています。
 

2015 冬 見沼田んぼ 雪上のフナノ

2015.2.1 加田屋にて
昨日降った雪は雨でほとんど姿を消してしまいましたが、周辺地域より気温が低い見沼田んぼは、溶けずに残っています。辺りが少しも地表が見えないくらい真っ白な時にもう一度撮ってみたいと思います。
額に入れたイメージでアップしてみました。
 
 

2015 冬 見沼田んぼ でこぽん

2015.2.1 馬場にて 

2015 冬 見沼田んぼ コゲラ(キツツキ科)

2015.2.2 片柳にて
久々に雪が積り、朝はマイナスの気温。
雪上の枯れ木に風に揺られながらしがみついています。
しきりに空洞になっていると思われる茎をトントントントン突っついて虫を探しています。
いないとわかると次から次と枯れ木を移動してせわしないです。
そのため、写真もピント合わせが定まりません。
ただ、人間に対しての警戒心がそれほどなく、距離にして3メートル。