2018/12/24

ロウバイ(蝋梅)

2018.12.23 見沼自然公園にて
冬のこの花の香りと蝋のように透き通った薄黄色が好きです。
木から直接蕾をつける花は力強く、寒さにもびくともしません。敢えて寒い冬の同じ時期に美しい花を咲かせる不思議な魅力のある木ですが、実の中の種子には、強い毒性の アルカロイドであるカリカチンを含み、有毒です。

トモエガモ

2018.12.23 見沼自然公園にて
珍しいトモエガモ君が見沼自然公園に登場!
300羽程の鴨たちの中に1羽だけいました。
ヒグマの周りはパンの取り合いの鴨たちですごいことになりましたが、トモエガモ君も負けじと頑張っています。
鳥見専門のカメラマンは、このトモエガモ君だけにレンズを向けウットリ。
確かにきれい。
環境省のレッドリスト絶滅危惧Ⅱ類である。
カモ類で一番美味といわれています。




山東菜の収穫

2018.12.15 見沼区片柳

ヒグマ家の家庭菜園の前の山東菜の収穫をパチリ。足立区から毎朝畑仕事に来ている専業農家の方。

山東菜は実が結球しないのが特徴。葉先が開いた「半結球」状態で大きくなる。
埼玉県の東南部で栽培されているが生産量は少ない。主に漬物、おひたしに使う。
東京都の卸売市場では年末10日しか取り扱いがないそうである。
ヒグマの会社の前にある北足立市場は今年は12月15日から12月22日までしか扱わない

2018/11/18

春?

 2018.11.17 さいたま市見沼区片柳にて
フユザクラでしょうか
桜?が見事に咲いています。淡いピンクが美しく空の色に映えます。
 こちらは梅でしょうか桃でしょうか
連日の暖かさで春と間違えたのでしょうか
こちらは家庭菜園で初めて挑戦した芽キャベツです
着々と芽が出来ています
収穫が楽しみな大きさにまでなってきました(高さ70センチ)

2018フナノ


2018.11.17 加田屋にて
隔年で作成されるフナノ。
市民団体の方々の力作です。
作成される方の苦労は相当なものと想像します。
藁を実に9トンも使用して藁蔵を作ります。
蔵といっても空洞はありません。
側面はすべて藁の切り口になるように重ねられて堅固に作られています。
江戸時代にはここら加田屋でもフナノはよく見られた光景だとか。
藁を大事に使う時代にはなくてはならない保存技術だそうです。

写真はすべて17日の朝の10分間で撮影したものです。様々な角度から昔の趣を大事にして撮影してみました。







 




2018/11/17

ホオジロくん

                         2018.11.11 芝川(片柳)にて

晩秋の朝

2018.11.17 さいたま市緑区片柳にて

ポプラの木

2018.11.11 芝川調整池付近




【番外編】ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム

2018.11.4さいたま新都心にて
今年で6回目の大会となったさいたまクリテリウム。
時折、小雨もぱらつく天候のなか、本場のレースを自転車で観戦に行きました。
目の前で展開される白熱したレース展開と世界最高峰のレーサーによるガチンコ勝負は何とも言えない気分を生で味わえます。
 




Vの字の隊列で

2018.11.4 さいたま市緑区宮後橋にて
カワウが早朝、餌場に向かって飛んでいきます。
渡り鳥のようにVの字の隊列が見事です。
隊列を外れている必死の鳥もちらほらみえます( ゚Д゚) 

2018/10/07

カナヘビ君

2018.10.7 家庭菜園にて
今年はゴーヤ棚が凄かった。枯れてしまったので、昨日全部撤去したら、棚のあちこちにカナヘビがいる。
ゴーヤ棚の虫たちを食べていたのでしょう。
捕まえようとしてもすばしこくてなかなか捕まえられません(>_<)
飼いたかったのに。

アスパラガス

2018.10.7 見沼区の家庭菜園にて
逗子の母から株分けしてもらったアスパラガス順調に育っている。
にょきにょきと地面から顔を出して、竹のように根が地面で広がってきているようです。
食べれるのは来年ぐらいかな


アメジストセージとアゲハ蝶たち

2018.10.7 緑区案山子公園にて



2018/09/30

秋桜(コスモス)

20180930 さいたま市見沼区片柳にて

カワセミ

20180930 片柳にて
今日は台風24号が朝から西日本から
関東へ縦断します。雨間をぬって走ってきました。用水路に魚を狙うカワセミがいました。
目があってしまい、すぐにヒグマから逃げていきました。

秋 見沼田んぼ

 20180924 首都高見沼入口近辺
秋桜(コスモス)と新都心

藁やぐらと新都心
あんなに暑かった夏は急にどこへ行ったのでしょうか。
また、雨に困らない日も続いています。
今年の9月は、豪雨に地震に大きな被害が出た夏の終わりでした。
これも温暖化が影響しているのでしょうか。穏やかとは言い難い秋です。

彼岸花


 
20180922 総持院前(東縁)
毎年、不思議にもお彼岸の前後1週間に咲き、すぐに散ってしまいます。
1週間限定の特別な可憐な花ですが、ねっこに毒があるモグラ除けになる花です。
年によって寒暖の差があるのに土の中からどうやって彼岸の日を知るのか不思議です。


 

2018/09/09

ヒメリンゴ

2018.9.8 片柳にて
多分、姫リンゴでしょうか。
どなたか知っている方がいらっしゃったら教えてください。
匂いは全くしないのですが、ピンポン玉くらいの夜店で見る”リンゴ飴”そっくりの果実が鈴なりです。
すっぱすぎてそのままでは食べられないとか...。
誰も食べないし、とらないし、なんだかかわいそうで写真だけでも映えるように撮ろうかと...。


2018/09/08

ヒグマ店長と野菜

2018.9.8
今朝の収穫です。
ゴーヤ、きゅうり、オクラ、ナス、モロヘイヤ、ピーマン
夏野菜はもうそろそろ終わりが近づいています。周りの畑を見ながら、また、皆さんに教わりながらやっと1年が過ぎました。まだまだ勉強中の身ですが、土・水・陽当り・気温次第で野菜の出来が決まることがだんだんわかってきました。そろそろ冬畑支度です。




オクラの花と秋の空

2018.9.8 片柳にて
台風が過ぎて、空のチリが一気に飛んでいき、青い空がくっきりしていて白い雲とのコントラストが美しく映えます。
朝日を背にしているため日陰になってしまいましたが、南国を彷彿とさせるハイビスカスのようなオクラの花が秋の空気を気持ちよさそうにすっています。

こちらは、我が家のオクラの葉で朝日を浴びるアマガエル。害虫を食べてくれる強い味方です。オクラによくつく、ワタノメイガ(ハマキ虫)の幼虫を食べてくれます。


冬支度

2018.9.8 片柳にて
もう冬の支度です。青梗菜でしょうか。家庭菜園の隣の畑で朝から苗植えをしています。空の青さとまだ暑さが残る気温からは考えられませんが、大根なども皆さん種まきしています。

秋の気配

2018.9.8 片柳にて

天はなにを考えどうしようというのか

2018.9.8  AM5時 さいたま市緑区三室自宅前
今朝の新聞にも書いてありましたが、地震も噴火も暴風雨も地球にとってみれば地表でたまたま起きる小さな変化にすぎないのです。それが大災害となって牙をむく。
地球にとって小さなことだが、
人間がどうすることもできない巨大な力が働き、立ち尽くします。
本当に無慈悲で理不尽と思います。
中小食料品店を支える私の会社でも大きな被害がありました。西日本でも北海道でも現在もまだ、復興途中の方がいます。あの東日本大震災での被害を受けた方でいまも復興の道半ばの方もいます。
皆で支えあいながら希望を持てるように考え行動していきたいです。

2018/09/05

シマヘビ

 2018.9.4 見沼区片柳にて
家庭菜園のトウモロコシのネットにシマヘビが絡まっている。
ネットをハサミで切ってあげ、救出。
今思えば、近くに穴があったので、卵を産んだのかもしれません。
産卵後、しばらく卵を守る習性があるとか。
見沼田んぼでは、蛇をあまり見かけません。
天敵のキジが多くいる見沼田んぼでは、食されているのかもしれません。
キジではなく、人間もシマヘビを食用として適した味なので、昔はよく食べていたとか…。(*_*)

アサザ

2018.9.2 見沼田んぼにて
アサザの花が咲いています。秋の水辺の黄色い花です。
準絶滅危惧種のこの花は、見沼田んぼでも見られるところは限られ、環境の悪化が心配されます。
(埼玉県では絶滅危惧Ⅱ類)

2018/08/19

秋の田んぼ風景

2018.8.19 新宿橋近辺
朝早くから田んぼの手入れに皆さんで集まっている様子。
休憩所の赤いテントが緑の稲と空の雲に映えます

朝から烙印

2018.8.19 上山口新田にて
朝から「ダメ~」と烙印をおされたような×な雲です。
ちょうど新都心のビルの上にかかる珍しいカタチの雲。
今朝は大宮駅、新都心駅周りで自転車で20キロ。
なかなか痩せない(>_<)

ラジオ体操

2018.8.19 大道橋より新都心を臨む
今朝も涼しく大道橋の上でラジオ体操をしました♪
時刻は6時半。
実家に帰った際も山の上にある広場で地元の方々に仲間に入れて頂きラジオ体操をしました。
昔は夏休みは毎日ラジオ体操でスタートしたものです
懐かしい...


ケイトウと秋空

 2018.8.18 さいたま市緑区大崎にて
ケイトウ畑に秋の空が映えます
雲が美しい季節を迎えました
ほんとうに涼しくて気分爽快です
コオロギがリリリリと秋の奏でています


富士も真っ黒

2018.8.18 片柳より
山頂まで真っ黒な富士がくっきり見えます
酷暑で富士も真っ黒です
空気が乾燥してきたのか夏のこの時期に山頂まで見えるのは珍しいです

秋が感じられるこの頃

2018.8.18 芝川第一調整池にて
この2日間は急に空気が秋めいて過ごしやすくなりました。
空の雲も風が早いのがわかります。
自宅から5キロの道のりをジョギングしてきました。
先週までは、走ろうとも思わないくらい暑かった朝も、今朝は半袖短パンでは涼しく感じます。
この間々夏が終わってほしいと思いますが、でも何かそうなってほしくない気もします。
先週は、逗子の実家に帰省し、子供と海で真っ黒になりました。
まだ泳ぎたい!

つばめの2回目の巣立ち

2018.8.15 我が家の軒先
我が家のツバメの巣で2回目の巣立ちです
今年は計7羽を見守りました
ご近所様にも迷惑をおかけしたかもしれませんが
新聞ではツバメやスズメが少なくなってきている話もよく聞いており、我が家を気に入ってくれるならとの思いで、家族で見守っています

2018/08/11

ノコギリクワガタワ

 2018.8.11 片柳にて
朝5時に起きて、ジョギング、畑仕事、昆虫採集と普段の会社勤めの自分ではない自分がいます
今朝もノコギリクワガタが沢山とれました
もちかえらず逃がそうとしたところ、おじさんがもの珍しそうに話しかけてきました「クワガタがこんなにいるんですね~。孫がカブトムシは飼っているんだが、クワガタがいないと・・・」
お孫さんにあげて下さいと大きい”水牛”をたくさんあげました
おじさん孫人気株が上がりそうで大喜びでした!?




 

酷暑夕暮れ

2018.7.22 宮後橋より

《番外編》自家製ヨーグルト

最近ヨーグルトづくりにはまっています
写真はヒグマが家族3人分を毎朝せっせと6時半ごろ作っています
左上にあるのがヨーグルトの種です
森永の「濃密ギリシャヨーグルト」を最初に1カップだけ買ってきました
それを左上の瓶に入れ、そこに牛乳をビンの8分目まで入れ、ティッシュと輪ゴムでふたをします
夕方まで室温で放置して
固まっていたら冷蔵庫に入れ、翌朝食べます
翌朝食べる際は全部食べないでビンの底に1センチほどヨーグルトを残しておき、牛乳を足してよくかき混ぜます
5倍くらいにヨーグルトが毎日増える算段です
最初に種にするヨーグルトは
ブルガリアでもR1でも小岩井でもチチヤスでもガセリでもプロビオでも
なんでもokです
一番最初だけ1つだけ買えばいいんです
我が家は今は濃密ギリシャヨーグルトがお気に入りです
毎朝濃密なヨーグルトが出来上がります
見沼田んぼのブルーベリーやバナナやゼリーを入れ、はちみつをかけて頂きます
ひっくり返りそうなくらいおいしいです
クックパットにレシピを公開しています

ビンの淵をきれいにふくティッシュは清潔なものでふいたり、かきまわすスプーンなどは、電気ポットの熱湯を湯呑に入れて、滅菌することが続けて作る重要な要素です
何度か滅菌しなかったため失敗しています

自分が毎朝食べたいヨーグルトが半永久的に牛乳だけ入れることで作れます
最近は小松菜スムージーはおあづけです!



見沼夏やさい

2019年8月17日 酷暑です(-_-;) 暑すぎて、トマトが枯れてしまいました (>ω<) キュウリ、ニガウリ、オクラは順調 近くの同じ会社のiさんにもニガウリをおすそ分け 夏の野菜作りは暑くて大変ですが、楽しいです