ページ

2014/02/01

福寿草

2014.2.1 大崎にて
こちらも昨年、同じ場所に数株咲いていたのを思い出していってみるとやはり咲いていました。
春を告げる花の代表である。
そのため元日草(がんじつそう)や朔日草(ついたちそう)の別名を持つ。
福寿草という和名もまた新春を祝う意味がある。
また、根には強心作用、利尿作用があり民間薬として使われることがある。
しかし、毒性(副作用)も強く素人の利用は死に至る危険な行為である。
薬理作用、毒性共にアドニンという成分によるものと考えられている。
(ウィキペディアより抜粋)